town-circle-home

ごあいさつ

利用者の方々の目線に立ち、
地域と連携し、
利用者の方々を支えています。

代表挨拶
代表取締役 八杉基史
代表挨拶
代表取締役 八杉基史

私たちは2014年(平成26年)4月、精神疾患を有する方々を地域で支えるために訪問看護ステーションを開業しました。2022年(令和4年)4月、おかげさまで9年目を迎えることができました。利用者の方は小学生低学年年齢から80歳代と幅広く、また、お住まいの地域も岡山市を中心とする県南東部や倉敷市を中心とする県南西部、あるいは中山間地域の一部に至るまで訪問エリアも年々広がってきました。活動エリアである岡山県は中山間地域が全県域の75.5%を占め、医療、福祉、介護資源は県南部に集中しています。そのため、過疎地域にお住いの利用者の方は社会資源が少なく、支援体制の格差が生じています。私たちは依頼があれば、積極的に過疎地域にも出向く努力をしています。そのため、地域の医療、介護、福祉、保健、就労、行政、家族等、住まいの提供者との連携も欠かせないものとなってきました。加えて、看護職員の確保、定着、専門性の向上が最も課題となっているところです。

私たちが目指している訪問看護は利用者お一人おひとりの健康状態を高めることのできる働きかけです。利用者の方々の心身機能(こころとからだの相互作用)、活動(趣味、遊び、仕事、家事などを含む生活行為)、参加(職場や地域社会への参加、家庭内での役割など)の状況、人的、物理的、社会的な環境因子、年齢、性、ライフスタイル、個性、価値観、コミュニケーション能力などの個人因子をきちんと理解し、かかりつけ医の指示に基づいて、利用者の方々の生活に密着した支援を続けてまいります。

事業所管理者からの
メッセージ

タウンサークルでは、主として精神疾患をおもちの方々のお宅に訪問をさせていただいております。

精神医療に繋がりにくい地域にお住まいの方にも訪問看護を提供しようと積極的に取り組んでおります。

利用者のお宅でゆっくりお話を伺い、住みたいところで暮らし続けられるように安心の輪を広げていきたいと思っております。単独では困難なことも他職種、多機関と連携することで突破口を見つけられることがございます。

スタッフは視野を広げ知識を深めて利用者、そのご家族の支援に生かせるように日々取り組んでおります。まだまだ未熟な点は多くありますが熱い思いを持ち訪問看護に励んでおります。

利用者の皆様が最大限に能力を生かして思い描かれている地域生活を生き生きと送れるようにスタッフ一人ひとりが寄り添い伴走させていただきます。

ご利用をお考えの場合はご連絡ください。お待ちしております。

事業所管理者 大東真弓

お問い合わせ

ご利用のご相談、 職員募集に関するご質問、
その他のご意見・ご感想など、
小さなことでもお問い合わせいただけると嬉しいです。

お問い合わせ